本文へ移動

トップメッセージ

代表取締役社長 金岡 良延 ~「最先端」の技術で食品パッケージの未来を開きます!

先ずは私どもの会社にご関心を持っていただき、このホームページを開いていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

●軟包装はBtoBの大きな業界
私たちは、プラスチックフィルムからなる食品包装(軟包装)の企画・製造・販売を手掛けている会社です。私たちの業界(軟包装業界)は食品メーカー向けの販売であるため皆様にはなじみが薄いと思うのですが、1兆円規模の大きな業界です。皆様のお宅にも、私たちの製品で包装された食品(パン、おむすび、冷凍食品、お菓子、等)が必ずあるはずです。

●専門業者のトップクラス
軟包装業界は大手総合印刷会社と当社のような独立系パッケージ専門会社により構成され、現在、当社は専門会社のトップクラスに位置し、売上250億円、従業員900名という規模にまで成長してきております。

●コロナ渦でわかった食品パッケージの重要性
昨年からのコロナ禍にも関わらず当社の売上は増えております。衛生的で、かつ内容物の劣化を防ぐ食品パッケージが「社会インフラ」であることが改めて証明されたと言えます。当社ではFSSC(国際衛生基準)認証取得の国内4工場(埼玉第二、埼玉第三、関西、九州)に加え、海外の合弁2工場(中国・青島、タイ・バンコク)、提携2工場(中国・恵州、インドネシア・ジャカルタ)でも国内に準ずる衛生環境を整備しております。私たちは「パッケージも食品の一部」と考えています。

●最先端の新工場が来春竣工
当社では従来の素材、印刷方法に加えて、さらに環境に優しく、脱炭素化社会を見据えた素材、印刷方法の研究開発に注力しています。2022年1月には新工場 令和プラント(埼玉県北本市)を稼働させます。世界で初めて水性インキジェット印刷を軟包材で実現する工場です。プラスチック廃棄物、大気汚染、労働力不足といった社会的な課題の解決を図り、未来を切り開いていく「最先端」の工場です。

●ダイバーシティ&インクルージョン
昨年に、会社方針として、「ダイバーシティ&インクルージョン」を掲げました。多様な価値観の交流による新たな活力の発現に期待しています。当社では性別、国籍を問いません。
TOPへ戻る